読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

plus de l'arc en ciel

虹の彼方に

VAMPS LIVE 2016 OSAKA 0721 BEAUTY & THE BEAST

VAMPS LIVE 2016 OSAKA BEAUTY & THE BEASTに行ってきました。今回のツアーはこれが唯一の参戦になります。

じゃ、セトリ。

VAMPS LIVE 2016
 2016年7月21日(水) PM6:00 DOOR / PM6:66 START
なんばHatch


  1. KYUKETSU
  2. LIPS
  3. MADE IN HEAVEN
  4. COUNTDOWN
  5. SIN IN JUSTICE
  6. SECRET IN MY HEART
  7. INSIDE MYSELF
  8. VAMPIRE DEPRESSION
  9. HELLO
  10. AHEAD
  11. REVOLUTION II
  12. LOVE ADDICT
  13. BLOODSUCKERS
  14. MIDNIGHT CELEBRATION

  15. THE JOLLY ROGER
  16. INSIDE OF ME
  17. MEMORIES
  18. DEVIL SIDE
  19. SEX BLOOD ROCK N' ROLL

 まず、会場着。

1階(地下鉄から来た場合、建物に入ってエスカレーターを1つ進んだフロア)の外、駐車場の入口にトラックが止まってます。

f:id:theaterofxxxx:20160723011242j:plain

こちらをメインにしてるので、実質アドトラックですね(笑)

反対側は

f:id:theaterofxxxx:20160723011314j:plain

こうなってます。車で前を通りかかったら、VAMPSが籠城してるんだってわかるようになってますね(笑)

なんばHatchに移ってから、トラックは非公開になってたのでうれしい限り。

f:id:theaterofxxxx:20160723011406j:plain

背後はおなじみの。

 

そして、物販もろもろを終えて、休んで、開場30分前になんばHatchへ移動。

…人が少ない…。

…そして男が少ない…。

そのまま時間が進んでいって、開場10分前になっても動きがなくて、「えっ?」って感じになりつつ、5分前ぐらいに入場待ち列ができました(笑)

それでも、男性陣は100人もいないんじゃないかなという数で不安に(笑)

BEAUTY & THE BEASTは、女性エリアと男性エリアが分かれていて、男性エリアは前方ブロック立ち見で、女性エリアは1階後方ブロック指定と2階席指定となっているんで、女性はゆっくりと入場できるので遅いんですね。

指定ということもあってか、女性の年齢層もいつもより高めに感じました。

そして開場。性別確認、マイナンバー間に合わなくて不安でしたが、失効してるパスポートと有効の健康保険証で問題なかったです。多分、本人確認となるとそれは厳しいと思うけど。(同伴チケットで入場してます。)他での対応はどうかわかりませんけどね。

で、会場入り。

K.A.Z君側の2列目あたりに陣取り。自分たちが入って少ししたあと、ぱったりと人が入ってこなくなったので不安に(笑)でも、多分開演頃にはいっぱいになったと思います。見えてないのでわからないですけど(笑)

VAMPSのライブは基本、中方のブロックの柵前で勝手に暴れるスタンスなんで、めったに前に行くことはないんですよね。BEAUTY & THE BEASTのイメージ的にきついかなーとか思ってたけど、まあゆったりと開演(笑)

両隣が自分の方の腕を曲げて揚げるもんだから、まあ精神的にきつかった(笑)

ど頭がKYUKETSUだったんで、まあかなり温まりますよね。で、LIPS、MADE IN HEAVENと来るとやばいですよね。COUNTDOWNは目の前でK.A.Zくんがカウントダウンしてるよね。

SIN IN JUSTICEの煽りは、なんかちょっと違う感じがしたよね(笑)そうじゃない感がハイディーから出てた(笑)

SIN IN JUSTICEのイントロのK.A.Zくんのカッティングというかミュートというか(知識よ…)がカッコいい。自分の場所から見えるものが全て画になっていてやばかったです。はい。

SECRET IN MY HEARTやばいでしょ。で、INSIDE OF MEでしょ。からの、VAMPIRE DEPRESSION。このブロック「激しくなさそうで激しい」ブロックだよね。VAMPIRE DEPRESSION、ヘドバンしないのはカルチャーショックを感じたけど(笑)

で、MC。
は「Ju-Kenと酒飲むと、こんな感じだよね。」


手拍子してカウントダウンして、「ラブアデかな?」って思ったら、HELLOでしょ。どこまで歌わせるの?ってぐらい歌わせるでしょ?(笑)で、ここからAHEAD、REVOLUTION、LOVE ADDICT、BLOODSUCKERS、MIDNIGHT CELEBRATIONと、ぶっ通し。きつい(笑)

AHEADは、有松博氏を観察。No time to be restrainedのところのカウントで上に投げたスティックを取り損ね新しいスティックを取り出して、I hope this path ain't stainedのカウントで上に投げたスティックは手元にいったように見えたけど、新しいスティック出してた(笑)

LOVE ADDICTの前のソロで、HYDEK.A.Zの二人が袖に消えていったので、札幌スタイル(ホールに降りる)かな?って思ったら、K.A.Zくんは戻ってきて、HYDEは2階席へ。2階席の様子は全く見えてないです(振り向いたら腰をつりそうになったのでやめた。笑)

BLOODSUCKERSの「Are you one?」のくだりが速すぎてしんどいです(笑)

ミッセレの頭、寝転がるハイディーは、ステージ前のスタッフで見えない。スタッフは戸惑って頭ひょこっとしてる感じだったけど、意味ない(笑)

 

インターバルはなんか違った(笑)

THE JOLLY ROGERがあって、MCはビスパの話題。

は「溜まってんのか?」男「いぇー」
は「俺は溜まってないけど」女「え~!?」
は「やばい、板挟みになってしまった…(笑)」

は「(ビスパは)きっと水着のお姉さんのおっぱいが」
男「おっぱい!おっぱい!おっぱい!」
は「いっぱいみれると思うんで」
男「おっぱい!いっぱい!」
は「大阪、ブラサカ!おっぱいがいっぱい!」(Derailersラップ風)
男「はいど!おっぱい!」
は「はいどとおっぱいはやめて(笑)ビスパでは出すとおもいます。」


INSIDE OF ME。サビのコーラス「INSIDE OF ME」は忘れずに。

MEMORIES。途中音飛んだかなんかで、はいでぃーがニコっと指さしてたけど、なんだったんだろう?

DEVIL SIDE、Talk Talk Talkのところで目の前にはいでぃー。あれ、目の前なのに全然届かないのね(笑)

そしてSEX BLOOD ROCK N' ROLLでフィニッシュ。

終演後、出入り口的にドリンクとりにいくの逆流じゃんって思ったけど、ほとんどが指定席なので終演後にドリンク交換するのは少ないので楽でした。兄ともすぐ合流できましたし。汗だくだったのに対して兄は余裕だった(笑)

日曜日のライブはAbemaTVで中継があるので、それを楽しみにしましょ。

abema.tv

 

 

f:id:theaterofxxxx:20160723015817j:plain

広告を非表示にする