読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

plus de l'arc en ciel

虹の彼方に

once in a blue moon.

今日はブルームーンでしたねと。
「ん?月が青いの?」なんて思ってませんよね?(笑)

ひと月のうちに2度の満月=珍しい月=めったに見れない青い月、だったかな。
今日は、その2度あるうちの満月の1つです、once in a blue moon(訳:めったにない)です。

由来とか違ったら、それはそれでスルーしていただければ←
大学では、greenの邪悪さについて調べるのが専門でしたから(笑)

それはそうと、この滅多にない二度の満月、この両日に大吉山に登ってたので、「特別になれる」んじゃないだろうか(笑)縣祭の日に登ってないと、特別になれないんだろうか。どうでもいいんだけれども(笑)

 

 ちなみに、前回の満月に登ったときの記事。

theaterofxxxx.hatenablog.com

 

ということで、太陽が丘インターハイの女バスの試合をみたあと、一度帰宅して休んでから登りました。
ちなみに、女バスは第3試合はハーフタイムで移動して2試合みて(薫英v明星が後)、第4試合は聖カタリナvs市立前橋の試合をみてました。聖カタリナの試合終わった後、もう一試合のほうのクライマックスを見てたけど、すごい試合でした。っと。もうちょっとバスケ学習してから見たらよかったなぁーという後悔も(笑)ハンナリーズがもうちょっと太陽が丘で試合してくれたらいいんだけどねー。

 

話しはそれて、大吉山。
結構速足で登りました(笑)後ろからウォーキングしてるおじさんにも抜かれないペースで、重過ぎるカバンを背負っての登山でした(笑)

f:id:theaterofxxxx:20150801010929j:plain

19時前ぐらいに到着。カミキリムシやセミに襲われながら日没待機(笑)

f:id:theaterofxxxx:20150801011010j:plain

雲一つない天気だったんだけど、見て分かるように空気が悪く、ダスティーな感じ。

f:id:theaterofxxxx:20150801011101j:plain

陽が沈んで、マジックアワー。

f:id:theaterofxxxx:20150801011117j:plain

街の明かりもついて、

f:id:theaterofxxxx:20150801011132j:plain

宇治川のほとりも人工的な光と、かがり火の光が。

f:id:theaterofxxxx:20150801011224j:plain

寄って、シャッター開けば、薄暗い光があてられた鳳凰堂の姿や、鵜飼のかがり火のあかり。

f:id:theaterofxxxx:20150801011324j:plain

すっかり陽もおちました。

やっぱり雲一つないと、綺麗に写りますね。満月の影響はあんまりない感じもしますけど、割かし手元は明るかったです(笑)あと、展望台から月は見えません(笑)

 

あ、そういえば、展望台で撮影に訪れていたのは、ほとんどが海外(アジア)の方のようでした。おそらく台湾かな?海外の方も「響け!ユーフォニアム」を見て、この場所に訪れてるみたいで、観光スポットになりきれない市民の憩いの場は、すっかり観光スポットになってるみたいですね。

海外の人といえば、帰るとき塔川の交差点で花やしきの場所をきかれて、右と言いたいのに「Turn left」と言った自分、「引くなぁっ!」

どうでもいいけど、花やしきとか静山荘とか、場所わかってても入口がわからないんだよねー(笑)
中学の職場体験で、そのどっちかに行く人多かったけど、行かなかったし。料亭とお茶屋さん(同級生の店)に行ったっていう、どうでもいい話で、おしまい(笑)

広告を非表示にする