読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

plus de l'arc en ciel

虹の彼方に

奈良に行った話。

旅行 奈良 聖地巡礼

先日、近鉄「境界の彼方」京阪奈1dayフリーきっぷを購入したので、それを利用するのもあって奈良へ。
(未使用で残す人が多いかと思いますけど、転売するのが目的じゃないし、利用しなきゃ損だと思うので)

いつ行こうか悩んでたんだけど、「春の神武祭 」というイベントがこの時期に橿原神宮で開催されるということで、16日に行くことに。天気がいい日を選んだのもありますが。

予定では朝早くに家を出て、東大寺平城宮跡橿原神宮境界の彼方巡りを予定していたんですけど、2度寝してしまい昼前の移動に(笑)なので境界の彼方巡りは、ずっと気になってた場所2か所に絞り、橿原神宮周辺の通り道に限ることに。

近鉄に乗って、まず「高の原駅」で下車。

f:id:theaterofxxxx:20150420194526j:plain

そして再び、近鉄に乗って、「近鉄奈良駅」で下車。東大寺興福寺の最寄り駅ですね。
奈良公園を南に移動したところに、立派なホテル「奈良ホテル」があります。

f:id:theaterofxxxx:20150420194823j:plain

名瀬家の邸宅ですね。見るからに高級…。

そして、鹿。

f:id:theaterofxxxx:20150420194951j:plain

そして、金剛力士像。

f:id:theaterofxxxx:20150420195019j:plain

そして大仏。

f:id:theaterofxxxx:20150420195028j:plain

 

ということで、東大寺に行ってきました。小学校(3年生ぐらいだったかな?)の遠足以来。
遠足の記憶は、一人が車酔いでダウンして、おやつのコスパに必死だった記憶。その時はいいポテトがあったっけ。

なんだか、もう少し広くて大仏がドーンと構えてた記憶があるんだけど、狭く感じたのは大人になったからだろうか。大仏ってこんなに写真撮りにくい感じだったかなぁーと。

ちなみに、アジアの観光客と修学旅行生でいっぱいでした。大人の日本人観光客は全然いない印象。どこでもそうだけど。

そして、時間が微妙だなーと思いつつ、とりあえず平城宮跡に向かうことに。

f:id:theaterofxxxx:20150420195551j:plain

まず資料館に行ったんですけど、時間がぎりぎりだったので、先に大極殿に向かうように勧められたんですけど、ほとんど平城京に関する知識が無いので、簡単に資料館で説明して頂き、急いで大極殿に。

…資料館をじっくり見た方が良かったかなぁーとも思ったり。

にしても広くて疲れました(笑)ちなみに時間もあってか人は少なかったです。資料館と大極殿は無料で見れるので、行って損はないかと。距離はあるので期待外れだと時間は損しますが。

 

そして、大和西大寺から橿原神宮に移動。

f:id:theaterofxxxx:20150420200132j:plain

駅前も、境界の彼方で見覚えのあるシーン。駅舎もですね。
駅から橿原神宮まで、沢山スポットがあります。

f:id:theaterofxxxx:20150420200320j:plain

橿原神宮のそば(境内?)の池も、アニメに登場しました。その一つがこの場所ですね。

f:id:theaterofxxxx:20150420200417j:plain

神武祭では、境界の彼方ブースが設けられていて、パネルや作中カットなどの展示がされてます。

神武祭では3Dプロジェクションマッピングの上映も。

f:id:theaterofxxxx:20150420202037j:plain

こちらが、今年の作品。(三脚を忘れたので手持ちで撮影したので、ぶれたりいろんなことが起きてますがご了承下さい。)

そして、こちらが昨年度の作品と、「境界の彼方 I'LL BE HERE 未来篇」の予告上映。

予告上映は、本当に投影しただけなので、これを目当てに来たのは間違いだなと感じた次第(笑)
ただ、プロジェクションマッピングやイルミネーションは好きなので、良かったですよ。

 

ちなみに、近鉄沿線では、境界の彼方等身大パネルと入場券を販売してます。
(入場券は近鉄奈良駅で名瀬美月のだけを購入しました。)

ちなみに、パネルはこんな感じ。

f:id:theaterofxxxx:20150420201433j:plain

左から

といった感じでした。場所に関しては移動してる場合や場所の覚え間違いなんかの可能性もありますが。

 

という、奈良に行った話でした。

広告を非表示にする