読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

plus de l'arc en ciel

虹の彼方に

響け!ユーフォニアム 1話 聖地巡り

京都アニメーション制作のTVアニメ「響け!ユーフォニアム」の第1話の放送が終わりました!(一部地域やチャンネルではこの後かな?)

地元ということもあって、1つで2つの楽しみ方ができる、そんなアニメですね。ストーリーもまだ1話ですがいい感じですし、小説は読んでないんですけど、配信されてるコミックは読んでるんですけど、キャラクターの個性が磨かれてる感じがしましたね。

ということで、作中には舞台になってる宇治の街並みも沢山登場します。京アニにとっても地元なので気合いを感じる、そんな絵でもございました。

前にも書いたように、物語の舞台となる北宇治高校は架空の高校で、モデルとして莵道高校が描かれてます。ただ1話で最寄り駅は京阪六地蔵駅を描かれていることから、立地上は東宇治高校のようです。

で、ざっくりとスポットを紹介します。
(学校は省略しますね。)

ストーリーの中では、京都コンサートホールから始まりました。
その後、久美子の家となるマンション、そして大吉山からの眺望、あじろぎの道

そして、オープニングの中では、宇治橋西詰の時計宇治橋の欄干(西詰)土手が登場。ちなみに、最後に名古屋国際会議場が登場します。

そして、ストーリーに戻り、下校途中の最寄り駅、六地蔵駅(京阪)。CM明けには、宇治河畔のあじろぎの道にあるベンチ。そして、久美子の自宅となるマンション。そして、滝昇が登場する場面は、宇治神社。宇治神社から府道7号線を移動。

次に、久美子の投稿シーン。自宅から宇治駅(京阪)を利用。

といった感じ。

さらに、ざっくりまとめると

京都市

宇治市

  • 大吉山
  • あじろぎの道
  • 宇治橋西詰(時計、欄干)
  • マンション(立地上)
    ※マンションのモデルは住宅のため写真紹介のみ
  • 宇治神社
  • 府道7号線
  • 宇治駅(京阪)

府外

 といった感じですね。

 

では、京都コンサートホールと、名古屋国際会議場以外の写真を。
ちなみに、作中の画像は、ブログでは使用しないことにしてます。録画した本編を再生しながらチェックするなどしてください。

 

大吉山

f:id:theaterofxxxx:20130209170117j:plain

ちなみに、この写真は、2013年に撮影したもの。なので平等院が改修中のものになってます。
中の島の工事も、今とは状況が違います。アニメ本編のように桜が島を彩るようなことは伐採され失くされたのですが、アニメでの再現度の高さは半端ないですね。

ちなみに、登るとすると、宇治上神社あたりから1時間ですかね?どんぐらい掛るか忘れちゃいました。調べてもバラバラです(笑)登山というよりはハイキングです。ただウネウネしてるだけですけど。

あじろぎの道

f:id:theaterofxxxx:20150408152930j:plain

f:id:theaterofxxxx:20150408153848j:plain

f:id:theaterofxxxx:20150408154545j:plain

ちなみに3枚目は、島から撮影したものです。

宇治橋西詰

f:id:theaterofxxxx:20150408151617j:plain

f:id:theaterofxxxx:20150408151502j:plain

久美子のマンション

f:id:theaterofxxxx:20150408153329j:plain

立地上は、宇治塔川の府道の合流地点、一休堂の前で、駐車場が点在するあたり。この交差点を直進すると天ヶ瀬ダム、左折すると喜撰橋、手前に行くと平等院の東門、縣神社。

で、立地上という話をしましたが、マンションのモデルは、偶然見つけることができましたので、写真だけ。

f:id:theaterofxxxx:20150408165129j:plain

場所は控えさせていただきます。

宇治神社

f:id:theaterofxxxx:20150408154827j:plain

f:id:theaterofxxxx:20150408154932j:plain

f:id:theaterofxxxx:20150408155455j:plain

f:id:theaterofxxxx:20150408155533j:plain

f:id:theaterofxxxx:20150408155701j:plain

お気に入りの、宇治神社の手水舎も作中に登場しました。

府道7号線

f:id:theaterofxxxx:20150408160554j:plain

中通りに撮影しようと思うと、車から撮影する必要がありますね。しかも右折レーンで(笑)ガストと洋菓子店が目印。

宇治駅(京阪)

f:id:theaterofxxxx:20150408161115j:plain

f:id:theaterofxxxx:20150408161242j:plain

まあ、まんまですね。ちなみに2枚目の写真、白飛びしてますけど、電話のマークがあるあたりに、ポスターが貼ってあります。

六地蔵駅

f:id:theaterofxxxx:20150408162539j:plain

f:id:theaterofxxxx:20150408162628j:plain

f:id:theaterofxxxx:20150408162657j:plain

f:id:theaterofxxxx:20150408162819j:plain

f:id:theaterofxxxx:20150408162842j:plain

六地蔵宇治市の地名ですけど、所在地は隣の京都市伏見区

土手

f:id:theaterofxxxx:20150408163919j:plain

オープニングに登場する土手ですけど、はっきりいって、「もうこれでいいや」ってやつです(笑)
この変を散策する気にもならなかったので、鉄塔と手前の電線が距離感が違えど似ていたので、近くにあるんじゃないかな?と思ってます。ちなみに、京阪の六地蔵駅からJRの六地蔵駅へ向かう途中。

 

ということで、ざっくり紹介しました。

ただ、写真を大きいサイズで使いすぎたので、来週以降はもう少し縮小しようと思います(笑)
まあ、初回ほどの量は無いと思うんだけどね。

 

ちなみに、地図などの詳細は以下のサイトにアップしてます。

ロケ地 | Cinema@Miyako - 京都と樟葉の映画館情報サイト

http://theaterxxxx.web.fc2.com/movie/location/animated/150407_eupho/index.html

 

※画像の削除要求などはコメントにお願いします。

※画像の無断転載は禁止しております。利用したい場合はその旨をコメントにお願いします。基本的にモザイク処理をしている物に関しては一切認めません(というか、転載したくないでしょ?)

広告を非表示にする